摂食障害のあなたへ 〜歯科医からのアドバイス〜

この記事は日本歯科医師会雑誌2014年10月号の大津光寛先生の「EatinngDisorder」論文からヒントを得て書きました。以前から過食嘔吐のことは歯科医として気になっていました。大津光寛先生の論文に共感し数回読ませていただきました。先生のように、配慮とやさしさをもって歯科医師として摂食障害の人たちの一助になりたいと思いました。
嘔吐という言葉に嫌悪感を覚える方には読みづらい記事です。あらかじめご了承下さい。

Flower 201503040110代に痩せたい!と思い詰めたこと、ありますよね?
永久歯が徐々に生えそろう小学校4,5年の頃から、それまで小食だった子供でも俄然モリモリと食べ始めます。
脳がほぼ出来上がったので、骨や筋肉や内臓をつくる段階にはいったからです。私も、お餅を8個食べたとか箱買いしてあるミカンを一度に10個は食べた記憶があります。中学校から帰ったらお腹ペコペコ。まずは炊飯器のふたをあけ、ご飯を食べたものでした。おかずはフリカケでもよかった。食事が待ち遠しい、食べることが楽しい。大学受験の頃は、香ばしいフランスパンにバターをたっぷりつけたのを齧りながら机に向かっていました。そして、18歳になった私は、食欲に任せて食べていたら素敵な服が着られないことに気付くのです。そして極端なダイエットを始めます。そう、食べないダイエットです。若いから思い詰めるので、数日食べなくても平気であっという間に3キロ、5キロと痩せてスッキリ。でも、身体は正直です。ミスドのドーナッツが食べたい、食べたい、食べたい、そればっかり。でも我慢、我慢、我慢。ある日、とうとう、ミスドのドアをあけます。そして、急いでおうちに帰り、まるで呑み込むようにドーナッツを食べてしまいました。ところが、いくら食べても満腹感が得られません。6個もドーナッツを食べてしまった後悔から、又食べない数日間。そして、それに続く爆食。
こんな経験、皆さんもありませんか?若いって、思い詰めるって、怖いですね。
普通の人は、これ無理!と諦めて、違う方法を模索します。私ってついつい食べちゃう凡人よね!って自嘲して。でも、冷静になればわかりますよね。拒食、絶食が生き物としてあり得ないことが。食べなければ死ぬんだから。

拒食症の人は、ある意味非常に意志の強い人、我慢強い人です。なぜ、そこまであなたは我慢できるのでしょう?
なにがあなたを追い込むのでしょう?拒食の先にあるのは何でしょう?食欲をコントロールできたあなたは、自信を得て他人と対等、あるいは優位に立った人間関係を築けるのでしょうか?まあ、それはそれとして・・・・
拒食は、過食、そして過食嘔吐につながっていくのが普通です。でないと、死んでしまうから。
妊娠して悪阻がくると、人によっては簡単に嘔吐します。それで嘔吐を覚えると、痩せたい人はこれなら食べても太らないと気づき、過食嘔吐がはじまるのでは?と考えます。或いは、簡単に吐ける特異体質なのでしょう。吐くというのは通常簡単に出来ませんから。
拒食症のひとは、家族が心配して病院に連れていきますが、過食嘔吐の人は、吐くという行為が恥ずかしいので病院には行かず、一人で抱え込んでしまいます。毎晩通うコンビニの店員さんと目をあわすのが怖いだけ。

でも、そんなあなた、歯は大丈夫ですか?胃液で歯が溶けますよ。お菓子をだらだら食べていたらむし歯ができますよ。耳の下あたりの喉は腫れていませんか?
楽に吐けるあいだは、多分過食嘔吐はやめられないでしょう。でも、いつか、やめられます。吐くってすごい体力を要するから、若い間だけです。段々吐けなくなっていきます。そして、あなたはもう頑張らなくてすむ。
過食嘔吐をしてしまう自分を嫌いにならなくてすむ。大丈夫、きっといつか、楽になれます。
早くそんな日がきたらいいですね。それまでは、歯を大切にしましょう。
守ることは、たくさん水を飲んでから吐くこと、そして、吐いた後何回も水でブクブクうがいや、ガラガラうがいをすることです。吐いた後スッキリしたくていっぱい歯磨きペーストをつけてゴシゴシ歯磨きしたら歯がすり減ってしまいます。気をつけましょう。
そして、相性のいい歯医者さんを見つけて、定期的にケアを受けてください。

大津光寛
日本歯科大学附属病院総合診療科准教授/同病院心療歯科診療センター併任