歯は転ばぬ先の“杖” 〜 要介護にならないために 〜

65 歳を過ぎても、生き生きと元気に暮らすためには、健康が大切ですね。元来丈夫な人でも、60 年生きてきた ら、腫れ物やデキ物が出現して、血流が滞ったり、歯や骨や関節が磨り減ったり、色々と嘆きの種が増えますね。 死亡原因上位の癌・循環器疾患などは予防と早期発見で乗り切りましょう! それと気をつけたいのが要介護状態にならないこと!寝たきりの原因として、「脳卒中」「高齢による衰弱」「転 倒・骨折」があげられます。ということは、転ばないこと、転んでも骨折しない丈夫な体を維持することも欠か せません。

全国保険医団体連合会から毎月送付される雑誌にわかりやすいデータがありましたので、ここで紹介します。転 倒を防いで、ある意味怖い認知症のリスクを防ぐにはしっかりかみましょうという記事です。

image001

●咀嚼と記憶・学習能力

  1. 咀嚼刺激によって記憶の向上が高齢者で見られた。
  2. 咀嚼刺激は大脳皮質のネットワークに適度な刺激を
    与えて、海馬への情報入力に促通効果をもたらしてい
    ると考えられる。
  3. 咀嚼は知的機能を保持し健康に老いるためにきわめ
    て重要である

※海馬は記憶や空間学習能力に関わります。
日常的な出来事や勉強して覚えた情報は一時的に海馬にファイルされ整理整頓されてから大脳皮質にためられる
らしい

●認知症高齢者のかみ合わせの有無と転倒回数

これは、たとえ歯を失っても、義歯をいれて奥歯がしっかりかみあわされば、転びにくいというデータです。 歯と背骨を含む全ての骨とは連携しているのですね。

image003image002


image004

●高齢者の歯の状態と日常生活

■歯がたくさん残っている高齢者は元気。

■入れ歯も歯もない高齢者は寝たきりが多い。

ところで、入れ歯の寿命ですが、長く使えば磨り減ります。でも、磨り減りに気がついていない方がとても多い のが気になります。入れ歯が磨り減ると自分の歯に負担がかかってきて、さらに歯を失う原因になってしまいま す。定期的検診で入れ歯もチェックしましょう。高価な入れ歯を 20 年使い続けるより、保険の範囲内の入れ歯 を半年毎に修理したり、数年使ったら新しく作り直すほうが、快適なかみあわせを維持できます。