新聞が伝える咀嚼の新情報

よくかめば、脳の働きも活発に

「咀嚼は生きていくための基本。もっとたいせつにしなければ」
こんな記事が12月8日の朝日新聞の医療欄に掲載されました。

「ぼけ防止には、歯を残せ!」

これは、11月25日の毎日新聞の第一面にセンセーショナルに掲げられました。
このように、虫歯、歯槽膿漏=歯医者さんという時代ではなくなりつつあります。
咀嚼が脳機能といかに関わりがあるか、どれくらい重要性なのかががMRI(磁気共鳴画像化装置)の発達で明らかになってきているのです。この二大新聞の記事を掲載してみましょう。
毎日新聞抜粋   高齢者(69~75歳、195人)の脳をMRIで撮影し、残っている歯やかみあわせの数と、脳組織の容積を調べた結果、歯の少ない人ほど。海馬(アルツハイマーになるとここが萎縮します)付近の容積が減少したり、意思や思考など高次の脳機能に関連する前頭葉などの容積も減っていたとのことです。又、かみあわせ数が少ないと減少が大きかったそうです。かむことで脳は刺激されるが歯がなくなると刺激がなくなり脳の働きに影響を与えるらしいのです。(東北大学大学院渡辺誠、歯学研究科長ら)

朝日新聞抜粋  ものを食べる上で、かむ行為は欠かせません。難しく言えば咀嚼(そしゃく)。単に食べ物をのみ込みやすくするだけでなく、全身の健康ともかかわっているようです。健康的な咀嚼について調べました。 「咀嚼は生きていくための基本。もっと大事にしなければ」。日本咀嚼学会理事長の小林義典・日本歯科大教授はこう話す。
かむ回数が少ないと、どんな弊害が出るのだろう。
咀嚼によって分泌される唾液(だえき)の消化酵素は、栄養を取り込みやすくする。抗菌作用のある成分は、口の中を清潔に保つ。少数回の咀嚼では、唾液が十分に出ないうちにのみこんでしまうので、内臓の負担が増し、虫歯や歯周病が起きやすくなる。
かむ回数が少ない早食いだと、満腹感が得られにくいので、食べ過ぎで肥満につながりやすい。入院して胃に入れた管から栄養を取ると、準備ができないまま食べ物が胃に入るため、下痢や便秘を起こすことがある。

かむ時、口は無意識のうちにかなり精密な動きをしている。右側、左側を交互に使って食べ物を砕き、すりつぶす間に唾液が混ぜ合わされ、舌が食道へと送り込む。あごはやや横にずれながら元の位置に戻る運動を繰り返す。
東京都千代田区の日本歯科大病院で、下の前歯の前部に小さな磁石を付けて下あごの軌跡を追う様子を見せてもらった。正常な人は、毎回きれいに重なる。半月状で、単なる上下運動ではない。斜めの動きが入ることで、食べ物を効率よく砕いているのだという。
こうしたこまやかな働きは周囲の筋肉や神経とも密接にかかわっている。かまなくなると、体の他の部分に影響が表れると指摘されている。

神奈川歯科大の小野塚実教授(生理学)らは、かめなくしたマウスは場所を覚える能力が下がることを実験で確認した。
人で、脳の活動状態を調べる機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)を使ってガムをかんだ時の様子を見ると、体からの情報を受け取って指令を出す感覚野(や)と運動野(や)、小脳などが活発に働いていた。
高齢者では、衰えた記憶力を補う前頭前野(や)も活発になった。60~73歳の13人に2分間ガムをかんでもらって風景の間違い探しテスト(100点満点)をしたところ、かまない時の平均73.8点が80.3点に上がった。
「歯を大事にし、ものを食べられる状態を保つことが一部の痴呆(ちほう)予防に役立つ可能性があります」と小野塚さん。ただし、市販のガムよりも硬いガムではそれほど活発にならなかった。「無理して硬い食べ物ばかり選ぶことはないのでは。それなりに歯ごたえのあるものを最後まできちんとかむといい」
左右偏りなくかむのも大切だ。片側ばかりでかむと片側の筋肉ばかり緊張し、肩こりや頭痛などの変調をきたす恐れが指摘されている。
東京歯科大のグループは、かみ癖の偏りと聴力の関係を調べている。歯科治療後に、聴力が改善した人がいたことがきっかけだった。
ヘッドホンから出る様々な高さの音を聞き、ボタンを押す聴力測定機器で200人以上を調べた。片側でかみ続けると同じ側の聴力が低い。前歯ばかりでかむと高い音が、奥歯ばかりだと低い音が聞こえにくい傾向があった。
グループの一員の長坂斉さんの歯科診療所で私の聴力を測ってもらった。グラフにすると、いずれも正常範囲だが、低い音ほど聴力が低い傾向があった。
「奥歯ばかりでかむ傾向がありませんか。奥歯の虫歯や歯周病に注意したほうがよさそうです。左右のバランスは取れています」と長坂さん。
若い人の変動は自覚できない範囲だが、高齢者では治療とかみ方の指導で、よく聞こえるようになる人もいるという。「本物の難聴が治るわけではないが、かみ癖による疑似難聴の人も少なくないのでは」と石川達也・東京歯科大学長。
虫歯や合わない入れ歯があると、どうしても偏りがちになる。長坂さんは、聴力の変化を治療やかみ癖の指導に使えないか試している。

では、よくかむ習慣をつけるにはどうしたらいいのか。

新潟大歯学部長の山田好秋教授(生理学)は「小さいころから家族で食卓を囲み、楽しく食事しましょう」と唱える。食卓が楽しいと、自然と時間をかけてよくかむようになるからだという。
楽しくかむ習慣を身につけておけば、高齢になっても苦にならずに続けられる。最低限の運動にもなる。「でも、回数にこだわり過ぎて嫌になるのでは逆効果。無理のない範囲でしっかりと」と山田さんは話している。

健康咀嚼指導士

日本咀嚼学会が02年に独自に作った。地域での保健活動や診療を通じて最新の正しい知識の普及を図るのが目的。咀嚼と健康について基礎的な研修を受けた栄養士、歯科衛生士、歯科医師らを認定する。認定者は170人ほど。


詳しく知るには

歯や口、咀嚼と全身の健康についての全般的な情報は、80歳で20本の歯を残そうと運動している8020推進財団のホームページを。日本チューインガム協会のホームページやロッテのホームページには、ガムと咀嚼の効用についての解説がある。ライオンのホームページの「生活情報」も参考になる。 (2003/12/08)

歯と顔のいい関係

030302taiyounotou[1]

男女を問わず現代人が理想とするのは小顔。人気アイドルはもちろん、今の若者を見ると一昔前より明らかに顔が小さくなったようです。その原因は、戦後、日本人の食生活が急激に変化したことに尽きます。ハンバーグやパスタなど、咬まずに飲み込んでも大丈夫なくらい柔らかいメニューが増え、食事時間も短くなったために、かむ回数は激減しました。
下顎を動かす咀嚼筋が発達しないとあごは小さくなり、さらに歯を支える歯槽骨も退化します。歯の大きさは変わらないので歯並びは悪くなり、必要な歯が生えてこない場合も。咀嚼能力が低下すれば基本的な消化吸収に支障をきたし、結果的には不健康な状態といえるでしょう。

欧米人の場合は、何世紀もかけて今の小さな顔に変化してきました。日本人が今経験しているのは数十年で数百年分の変化。色々な歪みが出るのは当然で、このままでは、歯のトラブルは避けられません。
歯と顔の関係は、顔が進化してきた歴史をたどると様々なことがわかります。まず顔の中で最初にできたのが口。その周りに鼻、目、耳ができ、それら感覚器官が集めた情報を処理するために脳ができました。

そもそも動物の口は食べ物にかみつきやすいよう、顔の前に飛び出しているのが特徴。また相手にかみついて攻撃する道具でもあったので、口自体が武器になるほど硬かったのです。しかし直立歩行を始めた人間は、食事や攻撃に手を使うようになります。人間の口は奥へと引っ込み、口周辺はやわらかく変化。口の周りを自由に動かせることで人間の顔には表情が生まれ、のどを使って多様な声を発することで言葉が生まれました。人間にとって口は食べるためだけでなく、コミュニケーションの器官にもなったわけです。あごが小さくなる弊害は身体面だけにとどまりません。口は考えや気持ちを伝えあう上でも重要な働きがあり、かむことは表現力や思考力の成長と大いに関係があります。つまり口の退化は、コミュニケーション能力の退化を意味するのです。

原島先生が仰有るには、「子供と大人の顔の違いは顔の上半分と下半分のバランス。上半分は子供時代とそう変わらず、大人の顔は鼻から下が大きくなっています。大人になることは顔の下半分が発達すること。現代人はその力が弱まっているといえます。」現代の小顔信仰は、社会全体が幼児化している象徴といえるかもしれません。
可愛らしさや優しさが求められる今の風潮が現代人の顔に反映されるように、顔は時代背景や生活環境、職業、考え方などによって驚くほど変わります。変えられるなら「いい顔」になりたいもの。

原島先生が提唱される「いい顔になるための13カ条」のベースには、次のような顔の哲学があります。
「いい人だなあと感じればその人がいい顔に見えてきます。顔は見る人と見られる人との人間関係の中に存在し、そして人から人へと伝わるもの。だから、自分がいい顔になることは、人にもいい顔をすることになります。」また原島先生はメディアが発信する顔のトレンドにあまり惑わされてはいけないと、と注意されています。TVの中の顔には自分との関係性がなく、人と人との間に本来つくられる顔の在り方は成立しません。一方的な情報を意識しすぎると自分の顔の個性が失われ、世の中は同じような顔であふれてしまいます。

いい顔の解釈は様々ですが、少なくとも量産できるクローン人間のような顔ではないはず。生き生きとした顔とは「人間らしい顔」であり、人間だけが持つ口の役割は決して軽視できません。いい顔になるにはい歯から。しっかりかむことは身体と心を豊かにする必須条件です。歯と口の健康を守ることは私達から未来へ課せられた使命といえるでしょう。

いい顔になるための顔訓13カ条

①自分の顔を好きになろう
②顔は見られることによって美しくなる
③顔はほめられることによって美しくなる
④人と違う顔の特徴は、自分のチャームポイントだと思おう
⑤コンプレックスは自分が気にしなければ、他人も気付かない
⑥眉間にシワを寄せると、胃にもシワができる
⑦目と目の間を離そう。そうすれば、人生の視野も広がる
⑧口と歯をきれいにして心おきなく笑おう
⑨左右対称の表情つくりを心掛けよう
⑩美しいシワを人生の誇りにしよう美しいハゲをを人生の誇りのしよう
⑪人生の三分の一は眠り、寝る前にいい顔しよう
⑫楽しい顔をしていると、心も楽しくなる
⑬いい顔、悪い顔は人から人へ伝わっていく

根面むし歯

0300605sonic[1]

大阪のある所で、60~78歳、287名を対称に、調査が行われました。結果、58.3%に根面むしばが認められました。
歳を重ねるにつれ、はぐきは痩せていきます。歯の根が露出していきます。その根を覆っているセメント質は、非常に薄く、硬度も低く、脱灰の臨界PHは、約6.7。唾液のPHは6.25~6.75ですから、ちょっとした身体の変化で、脱灰はエナメル質の2倍の速度で進みます。

はぐきが痩せると、むしばになりやすい!ということなのです。

根面むしばは、はぐきの下で歯の周囲を取り巻くように進み、多くの歯に及びます。余り、痛みも無く、自覚症状に乏しいのも特徴です。
歯の付け根に出来るむしばですので、がんがん削ってしまうと、歯が折れてしまいます。よって、最小限に痛くなく削る技術が要求されるわけです。

そこで、お知らせしたいのは、超音波で歯を削る方法です。今までは、回転するタービンやエンジンでの切削でしたが、超音波での軟化象牙質除去は、痛みもなく、削り過ぎることもありません。

ご高齢の方だけでなく、八木歯科では、この考え方を一般診療にも応用していきたいと考えています。音が静かであること、痛くないこと、過剰に削らないこと、麻酔も出来る限り避けること、再石灰化を促すこと。

これからも、新しい器械、考え方を取り入れて、治療に励みます。

KaVo発売元のシロクスさんによる説明はこちらです

ダイアグノデント

030302daia[1]

今まで、歯科医は、失った歯を人工的に取り戻す、できるだけ美しく回復する、機能的にもしっかり回復することに心血を注いできました。インプラントや、審美補綴、義歯。それはそれで、歯を無くした人には非常に大切なことです。しかし、本当に大切なことは、病気を未然に防ぐことではないでしょうか?そして、問題が起きた時は、原因に立ち戻って、先ず、再発を防止し、被せる、詰めるにあたっても、最小限の侵襲にとどめるべきだとは、思いませんか?やぎは、患者様の、菌に無惨に蝕まれた歯を削りながら、そんなことばかり考える毎日です。
この度、初期虫歯を正確に発見できる、ダイアグノデントを購入しました。定期検診に、継続的に、利用したいと思っています。初期虫歯を発見したら、即、削って詰める為ではありません。むしばになりかかっている!ということを、本人と、家族にお知らせして、食生活と歯磨きに関して何か、問題がないか、再確認していただきたいのです。なにか、思い当たることがあれば、改善を努力していただき、その効果が現れて、虫歯が進行しなければ、フッ素を用いて、再石灰化に努めて、歯を削らないようにしたいのです。
共感していただける、患者様、大歓迎です。
費用は、いただきません。

カボ ダイアグノデントは、見つけることが困難なむしばを初期の段階で発見することを可能にしました。
特に、6才臼歯、12才臼歯の、初期むしばの診断に非常に有効です。
「削って、つめる」治療は、避けたいものですよね。
ダイアグノデントを使用することにより、早期に歯質変化がわかれば、適切な予防処置が可能になります。
予防処置が徹底できれば、無駄に歯を削らなくてすむのです。
予防にかかる費用や時間はしれたものです。
歯を削って、詰めたり、被せたりすれば、延々とその歯を管理していかなくてはいけません。
今までは、痛くなってから、駆け込んでいた歯医者でしょうが、ちょっと考えを変えて、痛くならない為に、歯医者に行きませんか?
http://www.shirokusu.co.jp/kavo-product/diagnodent/

コスモアイキュアの紹介

030330cosmo[1]コスモペリオデントシステムは、電気的に高周波電流発生装置と超音波振動発生装置の2つの装置からなっており、さらに電気抵抗測定装置が付随しています。なず、高周波電流発生装置部は電気メスの波形である全波整流型波形とその変形である半波方形型波形の高周波を出力する装置であり、この波形を利用して抜随処置、感染根管治療における滅菌、歯周ポケット内の消毒、滅菌を行うことができます。

次に超音波振動発生装置は、超音波スケーラーと超音波拡大、ポケット洗浄機として利用することができます。

また、イルリガートルを搭載したことで、チップ先端部より薬液をポケット深部に、たっぷりと、噴出することができます。これを利用すると歯周病の治療に、非常に効果を発揮します。
まあ、これは、パンフレットの写しですが、1ヶ月使ってみて、やはり、歯周病には、大変効果的でした。定期的に来院されている患者様の口腔ケアに、必ず用いています。はぐきが、引き締まってきているのは、明らかです。半年後に、レントゲンで、歯槽骨の再生を確認するのが楽しみです。

痛くないのも大きな特長ですね。

PS.使って数ヶ月。歯周病で継続してケアさせていただいている患者様に応用してきました。きちんと骨が再生されてきています。すごいです。膿が絶え間なく出ていたはぐきが、引き締まっています。間隔は2週間に1回来院よりも、毎週来院の方が、いい結果が出ています。衛生士さんががんばって、30分以上かけて、ケアしています。が、効果があるせいか、患者様もキャンセルもなく、通院されています。

高周波治療に関して、興味のある方はこちらをご覧下さい。
http://www.koushuha.jp/

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >