2002年は禁煙に挑戦しませんか?

011208kinen[1]

禁煙すると、いろいろいいことがあります

なかでも、さまざまな病気にかかる危険性を減らせることが最大の効果といえます。例えば、禁煙によって免疫力が回復し、風邪やインフルエンザにかかりにくくなります。心筋梗塞などの虚血性心疾患の危険性は禁煙わずか1年半で半減、肺ガンの危険性は禁煙後10年で半減します。また、寝たきりなどの障害の予防につながることも最近明らかになっています。つまり、タバコを吸っている人にとっては禁煙は、健康寿命を延ばす「特効薬」です。禁煙してまず実感できる効果は、自覚症状の改善です。禁煙すると永年続いていたせきやたんが改善します。呼吸が楽になり、胃の調子がよくなり、食欲が出てきます。目覚めが非常にさわやかななり、ハミガキのときの吐き気もなくなります。

特に、女性にとってありがたいのは、肌の状態がよくなり、顔色もよくなることです。スポーツを楽しむ人にとっては、禁煙により体力の衰えやスタミナ不足を補うことができます。タバコのニコチンや一酸化炭素、アンモニアなどの有害ガスから開放されて蘇るのにかかるのは、3ヶ月です。(大阪がん予防検診センター調査より抜粋)

実は歯にも、タバコは悪いんですよ。ニコチンによる血行障害で末梢のはぐきに栄養がいきわたらないからお口の中の常在菌にどうしても負けてしまうんです。血液は大切。さらさらと身体を駆けめぐってくれないとあっちこっちでトラブリます。最近、40才代の知り合いがニコレットで禁煙に成功しました。そうです、中年からでいいんです。若いときは吸ってもいいんです。中年から、
気合い入れてやめましょうね。心臓や脳でプッチンしたら、、、、、、
イメージなさって!!めっちゃ大変ですよ。

痛くないお注射

電動の注射器を2週間使ってみました。患者さんの評判は上々です。

注射が怖くて歯医者を敬遠なさってるかたは、是非、どうぞ。麻酔液の量も従来の半分で済みますので、治療の後も楽です。

レーザーのご紹介

jouhou02レーザーってなあに?

近視治療やほくろ取りで結構知られていますよね。
歯科的にも、とっても使えます。
歯槽膿漏やメラニン色素除去に有効です。
麻酔しなくって大丈夫!が特徴です。

今までは歯ぐきが腫れた時、痛いお注射をしてメスで切開していましたがレーザーを使うことで、無痛で排膿できるようになりました。出血もありません。
入れ歯の痛みでお困りの方にも効き目絶大。
メラニン色素除去は自費治療になります。2万円です。ばっちり、きれいなピンク色の歯肉を約束いたします。是非、お試し下さい。発売元からの情報はこちらからご覧下さい。